カテゴリ:台湾茶・中國茶( 22 )

ただいま充電中
多種多様に買い揃えたものの、昨冬のつわり以降飲めなくなって、すっかり忘れていた大量のお茶たちを先ごろ発見。
以来、今日は梨山、今日は阿里山、今日は白鶏冠・・・と、日替わりでいただいています(^^)
保存方法にさえ留意すればお茶の賞味期限は長いので、毎日いろんな香味を堪能できて幸せ♪
お茶を愉しむ時間がある生活って、本当に心の潤い方が違う。

さて、本日は岩韻豊かな肉桂を。
お茶請けは、お昼に夫とフーガと3人で私の誕生会(自分で企画・予約(笑))をしたお店ご自慢の
クッキー。
こんな風の冷たい日は、岩茶の力強さと深い香りで元気のチャージをします(^^)
b0035714_1532023.jpg

[PR]
by linglong | 2007-02-04 15:07 | 台湾茶・中國茶

ビバ!おともだち
昨日、中国茶インストラクターの養成講座で同じクラスだったお茶友達3人が、あいにくの天気の中拙宅まで足を運んでくれた。
mixiでもお仲間のさみさんゆうかさん、それからPCは購入済みなものの、まだネット環境にないBさん。

昨年一年間一緒に勉強したとは言え、授業終了はいつも22時過ぎで帰りは早足、学ぶ内容も膨大だったために休み時間はほとんどなく、おしゃべりをする余裕なんてなかった私たち。
それでも、少しずつプライベートなことを話すようになって、卒業した後もこうして集まれることがとても嬉しい。
(厳密にいうと、私はつわりで卒業試験が受けられなかったため、まだ卒業出来てはいないのだけど・・・来春受験予定です!)
さみさんには、昨年の製茶研修でもたくさん面倒を看てもらっちゃったんだよね
(/_;)アリガトウ

妊娠6ヶ月の時にも一度集まっていたから>>
[PR]
by linglong | 2006-07-19 22:56 | 台湾茶・中國茶

たまには
仕事のことでも。

時々イレギュラーのご注文をお受けします。
今回は、ミニサイズ(7g)3種類のお茶を1セットに、というご要望。
b0035714_15274254.jpg
これで105個。これから35セットに分けます。


今週は忙しいので頑張らなくてはー!

・・・・・・>>
[PR]
by linglong | 2005-12-22 15:32 | 台湾茶・中國茶

夢の中でも論文書いてました
先日、ようやく晴れて論文提出いたしました。
ご声援、ご心配くださった方々、ありがとうございました。
協力してくれた家族よ、ありがとうー。

中国茶関係の資格取得には賛否両論あるようですが、私はより多くの正しい情報を得て知識を身につけていきたい、と思っているので、今年の初めから中国茶インストラクターの養成講座に通っていました(一応授業は今月で終わりましたー)。
論文はその学校の卒業論文だったわけなのですが、実は来月も茶藝(点前)の試験があります。
しかも2日連続((((;゚Д゚)))
ゆえに、心からゆったりと新年を慶べるのは旧正月の頃になりそうですが、卒論の呪縛からは解き放たれたので、まぁとりあえずは良しとしよう。
b0035714_21401892.jpg
参考文献の一部。
論文の主題は「中国茶館の沿革と現今」です。


中国茶に詳しい方には説明不要だと思いますが、谷本陽蔵さんの「中国茶の魅力」をはじめ、布目潮渢さんの「中国茶喫茶文化史」、劉修明さんの「中國古代飲茶與茶館」は名著であります。
それと「中國古代飲茶與茶館」同様中国語ですが、于觀亭さんの「認識中國喝茶文化的第一本書」も非常に理解しやすく構成されていて茶樹の起源や生態原理、茶文化の継承、茶藝の発祥などなど中国茶にまつわるもの(概ね)全てを一挙に学べるので、興味のある方にはおすすめです。

あぁ、次は茶藝だわー。
悩める日々は年をまたいでまだまだ続く・・・
[PR]
by linglong | 2005-12-17 21:52 | 台湾茶・中國茶

自家焙煎!
自宅で茶葉の焙煎をしたくて、本日焙煎器を購入♪
卓上で使えるものなので、小さくて見た目はまるでセイロです(^^)
b0035714_21192621.jpg
焙煎することで、保存期間の長くなったお茶や保存中に水分量が増え(戻って)
香りや味が変化してしまったお茶を蘇らせたり、当初とは違った香味に仕上げることが出来ます。
※ 焙煎するのは我が家で消費する茶葉で、
もちろんショップで扱う商品ではありません~(^^ゞ

b0035714_21194822.jpg
蓋を外すとザルが。ここに茶葉を入れます。
b0035714_22261479.jpg
ザルの下のヒーター部。


茶葉の焙煎は、まず70~80℃で茶葉の水分量を整理するところから始め、仕上げに高温(90~130℃)で火入れをしていきます。 ※ 一般的な青茶の場合
最初からいきなり温度を上げたり、前半の処理がきちんと出来ていないと焦げ臭くなってしまうんだそうです。

先日授業で先生にうかがった通り、製茶同様、青臭さが出る、無臭に近くなる、芳しい香りが「うわっ」と立つ、の3つのパターンが繰り返しやってくるのが面白い。
お茶を淹れる愉しみ、いただく愉しみに加え、また更なる愉しみを知ってしまったよ(≧▽≦)

そんなわけで只今、4月の研修で作った杉林渓を焙煎中。
家中にお茶の香りが満ちていて、なんともしあわせ~(*^^*)
来客前にその日出す茶葉を焙煎して、この香りとリフレッシュしたお茶で迎えるのもいいかも♪

(づみさん~、焙煎しなおしてからお渡しすれば良かったですね(/_x) ごめんなさい~。)
[PR]
by linglong | 2005-10-08 21:44 | 台湾茶・中國茶

なんちゃって珍珠奶茶
香港では、期待していたほど我が愛しの「珍珠奶茶(ぢぇんじゅぅないちゃぁ/ブラックパールタピオカ・ミルクティー)」に出逢えなかったので自作することにしました。
今回は紅茶でミルクティーを作るのではなく、ジャスミン茶で試してみます~。
なんちゃってなので、タピオカは白玉粉で代用します(なので実際はタピオカではありません。おほ)。

◆ 用意するもの >>
[PR]
by linglong | 2005-08-17 22:04 | 台湾茶・中國茶

玲瓏茶荘・FC2店
玲瓏茶荘のFC2店がオープンしました♪

2月下旬~3月あたまから既に準備はしてたのですが、台湾研修やら一周年セールやらですっかり遅くなり・・・。
結局、無事セール終了後の今日開店、という運びになりました(^^)
(一周年記念感謝セールにおきましては多数のご利用、誠にありがとうございました!)

新店舗とは言っても、取り扱い商品はteacup.店と同様。
ただ、お買い物(商品)金額に応じてポイントが貯められる、という会員制サービスがあります。
それと、経営する側にとってSSL暗号化通信対応(これはteacup.も同じく)で在庫数や入金状況、売り上げログ等も簡単に管理できるというのはありがたいです。
こちらも無料なんですけどね(^^)

teacup.店のピンクのテンプレバージョンとは違った雰囲気で、さらにシンプルに。
そんな感じを目指しました。

FC2店も頑張って育てて参りますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m
[PR]
by linglong | 2005-06-01 02:44 | 台湾茶・中國茶

一周年(驚)!
これまでで一番「あっという間の1年間」だったかも知れない、2004年4月16日から今日までの時間。
お蔭さまで、玲瓏茶荘と名づけた我がショップも、今日でオープン1周年を迎えることが出来ました。

支えてくださったお客さまはもちろんのこと、同じモールのオーナー仲間として、日頃から仲良くしてくださり、時にありがたいアドバイスをくださる、づみさんダーリンさん陶さん茶孫さんichizentino。さんナッツさんKYOさん華danさん・・・と、一度には書ききれないくらいたくさんのオーナーの皆さま、本当にどうもありがとうございます(/_;)
(その他にも、相互リンク等で仲良くしてくださっている皆さま、ありがとうございます!
相互リンクページは→こちらです~。
我が夫・入魂の怒涛の検索エンジンサイトリンクに笑ってください (ノД`))

毎度毎度ですが>>
[PR]
by linglong | 2005-04-16 22:32 | 台湾茶・中國茶

ふっかつ~
体調不良で先週末からショップもお休みしていました(/_T)
ショップに届くメールも携帯のアプリから返信してました。便利な世の中だ~。

本日より、オープン一周年記念感謝セールも、どどんと5月末日(のご注文分)まで実施いたします。
がんばるぞ~!

と言いつつ、18日から台北ですよー。あぁ・・・。
間に合うのかな、もろもろ・・・。

何かとどたばたしてて申し訳ありません(/_x)
[PR]
by linglong | 2005-04-14 15:10 | 台湾茶・中國茶

豪華ゲストを迎え~その2~茶会
東京でも桜が咲きました。
昨日は辛勝ながらも勝ち点3を挙げたし(ゴールを決めちゃった選手がほんとに可哀想だったけど・・・)、なかなか幸先の良い春になりそうですねぃ(^^)

さて・・・。
去る月曜日のともぢさんに引き続き、今日はフィカルさんが遊びに来てくださった。
なんだか、このところ「linglongの部屋」みたいになっているぞ!我が家ってば。
(ソファをL字に並べ「あの、あなたお休みの日なんかは何なさってるの???」と訊いたりするべきだったか・・・。ソファ1個しかないけど( ̄▽ ̄)ウヘー)
とにもかくにも、連日豪華ゲストをお招きしてお送りしている感じ。

フィカルさんとは先月ダーリンさんのお宅で初めてお逢いして以来、共通点がいっぱいあることがわかり、非常にありがたいことに意気投合させて頂いているのです。

共通点その1: 以前、ネコアレルギー持ちであったが治った
共通点その2: ご子息と私の実兄が同じ名前(けっこう珍しい名)
共通点その3: 以前、同じ種類の動物と暮らしていた(今もまだペットとして王道ではない動物?)
共通点その4: 同じ携帯を使っている
共通点その5: 同じ年生まれ
共通点その6: 高円寺に住んでいた(私は「I♡Koenji!」なひと)
共通点その7: その他、現在同市民などもろもろ


とかまぁそんな感じで・・・。
あの日、フィカルさんに「だいじょぶ、だいじょぶ(ダーリンさんのお宅に)行っちゃえよ!」と言ってくださった陶さんありがとう(≧▽≦)
人と人との縁て、こんなだからたまらんのです。
出逢いは偶然か必然か。
どっちにしろ(「偶然は必然ですぞ~!」と言われそうな気もする)、こうしてごく自然に波長が合う人と出逢えるってことは、極めて可能性の低いことなんだろうな、と。

それはそうと>>
[PR]
by linglong | 2005-03-31 22:56 | 台湾茶・中國茶


英国生まれ、東京育ち。前世は台湾人(?)。十数年前にチャイニーズポップスにハマり、台北に留学。その後、米・シアトル~NYCへ渡りエンタ関係のビジネスを学ぶ。現在、0歳児育て満喫中。
カテゴリ
自我介紹
台湾茶・中國茶

台湾
照片
亞洲音樂/王力宏
日常生活
自言自語
電影・娯樂
旅遊
回憶
語言
moblog
其他
最新のトラックバック
活力鍋の会!?
from 逍遥自在的日記
「夢バトン」
from ++猫な日々++
やっと来た着た!白くまくん
from ナッツの今日のこと・いつかのこと
いま、パンダが熱い!
from インサイト ブログ
H͂ق@@:*:(P[P..
from iPINuOjPATATIP..
QR+リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧