<   2004年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

茶館でほっこり
なんとしても今月中に終わらせるつもりだったのに、まだ杭州にいます(汗

杭州の夜のしめくくりは、やっぱり茶館(茶藝館)で(^^)
深夜0時まで営業している「和茶馆(和茶館:He Cha Guan)」は、席がそれぞれ仕切られていて非常に居心地の良いお店。
(個室でトランプゲームに興じているグループも(^^))
数々の骨董品が並び小鳥がさえずる店内で、ゆったりと流れる時間に揺蕩うように身を任せ、のんびりとした気分でお茶を愉しむことができる。

b0035714_14512742.jpg

メニューは豊富だけど緑茶の本場なので、ここはやはり緑茶をチョイス!
私は「开化龙顶(開化龍頂:Kai Hua Long Ding)」
夫は「雪水云绿(雪水雲緑:Xue Shui Yun Lü)」を。
お茶請け込みで、1人50元(約680円)なり。

b0035714_1452095.jpg

夫がお茶請けをひとつずつ丁寧に撮ってました(^m^)
ハムちゃんのフードではありません(w

b0035714_14523175.jpg

ずらりと並んだおかゆやお肉、たまごなどごはん的なものも食べ放題!
(お茶代に含まれてます)
反対(右)側にも並んでいて、その数ゆうに30種以上・・・
フルーツやパイなどのお菓子もいっぱい。


お湯代も掛からず、優しい色合いのお店で本当にゆっくりできておすすめ♪
和茶馆∶杭州市延安路149号
和茶館を含め、杭州はクレジットカードで支払いできないことが多いので、少し余裕を持って人民幣を用意される方がいいかも知れません。

緑茶を満喫した後は、いよいよ最後の街・上海へ!
明日はバスの旅です~(が、これが悲劇へと・・・・・)。
[PR]
by linglong | 2004-11-30 15:15 | 旅遊

おはずかちぃ。
b0035714_22431829.jpg

必殺顔隠し!

それにしても、やわらか~。
[PR]
by linglong | 2004-11-29 22:44 |

ほっ。
ブログとは別にやっているサイトで、サークル?みたいなものを作っているのだけれど、参加してくださった方のメンバーズカードが全然出来なくて困っていた。
と言うのも、ちょこちょこと細かい編集をしていると、Photoshopがフリーズしてしまうのだ~(泣
あとテキストだけ入れて終わり・・・というところで応答がなくなる・・・ということが幾度となく繰り返され(T0T)
とりあえずリブートを繰り返し、ご機嫌を伺いながら本日何とか作業完了。
無事にお届けすることが出来た。
ちょっとPCも大掃除して軽くしないとね。。。

わっ!もうこんな時間!
「温泉へ行こう5」が始まってしまう~~ε=ε=(o>_<)o イソゲ~
[PR]
by linglong | 2004-11-29 12:58 | 日常生活

ぬくぬくキャットタワー
ただいま寛ぎ中。
無表情に見えるけど、ほんとはご満悦だと思われます。
b0035714_1254430.jpg

ぽかぽかで、きもちいいな~♪

[PR]
by linglong | 2004-11-27 12:08 |

在杭州的餐厅(杭州のレストランにて)
中国茶葉博物館を出て、乗車率200%と思えるバスに乗ってみたり、西湖のあたりを散歩したりして、いよいよ本格的におなかが減って来たのでレストランへ向かう。
目指すは、香溢・浣沙宾馆(香溢・浣沙賓館:Xiang Yi Huan Sha Bin Guan)
同名ホテル内にあるレストランだそう。

・・・博物館のおねーさんに聞いた通りに行ったら、そこは香溢大飯店とやらだった・・・惜しい・・・
(おねーさんは、「香溢大飯店じゃなくて、香溢・浣沙宾馆ですよ、私たちが行きたいのは・・・」と言うと、「あはは!同じよ、どっちでも!」と言ったのだ・・・)

とりあえず、そこでもレストランやフロントの人たちに「香溢・浣沙宾馆に行きたいんです!」と失礼とは思いつつも行き方を訊ねて、なんとか香溢・浣沙宾馆に辿り着いた。

私のモットーは「分からないことは訊ねる」。
海外では特にそう。
自分でなんとかしようとしても、知らないもの、分からないものはしようがない。
こういう時、中国語を勉強して良かったなぁ、と思う。
やっぱりお互いにとって外国語である英語では、微妙なニュアンスが伝わりきらない時があるし、自国の言葉を話すと言うだけで、人は何故だかそのガイコクジンに親近感を覚える気がする。
実際、トラブルは色々あったけれど今回の中国への旅でも、一度も(ぼったくられた以外待遇的には)嫌な思いはしなかったし。

とか言いつつ、博物館のおねーさんを信じて行ったホテルは違ったんだけどね・・・

b0035714_23363312.jpg


席に着き、まず出されたのは、やはり龍井茶。
ゆっくりとジャンピングする茶葉を眺めながら、
遠い日の西湖に思いを馳せる。

b0035714_23385089.jpg

龍井茶の葉を使った龙井虾仁(龍井蝦仁:Long Jing Xia Ren)
あっさりプリプリ~で美味♪


夫とむしゃむしゃ食べていると、店のスタッフから呼ばれ、少し離れたテーブルで食事をしていた日本人女性2人に(中国語が通じないので)これこれこう日本語で説明してくれ、と頼まれた。
それをきっかけに、彼女たちとお互いのここまでの旅の情報交換などをする。
旅先(国外)で日本人に会うことを嫌がる日本人は、実は多い。
ここまで来て日本人に会いたくない、という気持ちだと何かで読んだことがあるけれど、でも、私はいつも何だかとても嬉しい気持ちになるのだ。
同じ小さな島国に暮らしながらも出逢えなかった人と、今回は広大な中国、その中の杭州でこうしてばったり逢えた不思議な縁。
北京の京劇の劇場で同じテーブルだったおじさまにも同じ縁を感じた。

旅の醍醐味。
それはショッピングやグルメにもなりうるけれど、私にとってはやっぱり「出逢い」なんだなぁ。
[PR]
by linglong | 2004-11-26 23:57 | 旅遊

やっとひといき!
ぶわ~~っ!
今日は忙しかった~(/_x)!
ちょっとしたトラブルもあったけどお客さまのご協力あって(/_;)、なんとかヤマトさんの集荷にも間に合った・・・ふぅぅ。

こんな小さなショップを数多くのお店の中から見つけ出して、そしてご利用くださる。
素晴らしいご縁を頂けたことに感謝、感謝です。

何より嬉しいのが、お客さまから「美味しかったよ」というご感想や、台湾茶・中国茶に関する素敵なエピソードを頂戴する瞬間・・・
本当にお茶やをやってて良かった・・・と嬉し涙(感動かな?)が出ることもあります。
皆さま、本当にありがとうございます。
これからも、良質なお茶を気軽に召し上がって頂けるように頑張るぞっ!
[PR]
by linglong | 2004-11-26 17:43 | 台湾茶・中國茶

中国茶叶博物馆・终
早くこの旅のレポートを終わらせないと・・・
かなり駆け足気味です(^^;
お許しを~~

b0035714_2241690.jpg


館内をじーっくり見て回って疲れたら、やっぱりここは杭州龍井でひといき♪
おなかが空いたので豆腐干(Dou Fu Gan:台湾では豆乾・Dou Gan)を
むしゃむしゃ・・・
(上部に見切っているのがそうです)


※ 豆乾と言えば・・・な、お話(今回の中国への旅とは関係ありません)。
豆乾/豆腐干は、その名の通りぺちゃんこのドライ豆腐?に色々な味を染み込ませた、いわばおつまみやおやつ的なもの。
中国語で、女の子に触ることをナゼか「吃××的豆腐(××ちゃんのお豆腐を食べる)」と言うんですが。
台北にいた頃、ある日仲の良かった男友達(台湾人)がふざけてちょいちょいして来たんで「不要吃我的豆腐!(あたしの豆腐食べないでよっ!=触んないでよっ!)」と言うと、彼は「吃你的豆腐啊?你豆腐已經豆乾了!(豆腐ぅ?君の豆腐、もう既に豆乾でしょ!)」などとノタマッったのです。
ぐ、ぐやじ~~~っ!
(って、私その時まだ25歳だったですけどね・・・花の命は短いのねん。)
だけど、あまりに上手いので怒りよりも感心してしまった。

・・・そんなどうでもいい話ですいませんm(_ _)m

b0035714_2303584.jpg

杭州で一番心に残った風景。
みんなこんなふうに、自然に自然に龍井茶を愉しんでいるんだなぁ。

[PR]
by linglong | 2004-11-25 23:01 | 旅遊

中国茶叶博物馆・二
唐・宋・元・明代等の茶器も趣に満ち溢れているけれど、やっぱり清の時代の茶器・茶道具は華やかで見ていて楽しい。
茶器にも、実用性”プラスアルファ”を求め始めたのか、遊び心いっぱいのものも見られた。

b0035714_2222742.jpg


明代終わりから清代に掛けて発明されたという蓋碗(Gai Wan)。
この頃は当然、皆手描きですよね(^^)

b0035714_22111941.jpg

右の小どんぶりみたいなのも蓋碗ですって・・・。
名称は「青花釉里紅蓋碗」。
左は「木紋釉奶茶碗」。茶器っぽくないなぁ。

b0035714_22133196.jpg

小さな小さな茶壺。かわいい~♪

b0035714_22144439.jpg

ポップな茶托もあります。現代的な色使い!

[PR]
by linglong | 2004-11-25 22:20 | 旅遊

中国茶叶博物馆・一
緑茶・西湖龙井(西湖龍井:Xi Hu Long Jing)や、”お茶の神様”陸羽(Lu Yu)の郷・杭州。
まずは、「中国茶葉博物館」へ。
1991年開館・総面積8000㎡、中国でも唯一のお茶専門博物館です。

館内(1号館)には、「茶史」「銘茶」「茶事」「茶器」「茶俗」の各テーマごとに、歴史を感じさせる茶器や写真などが数々展示されています。
軽く100枚は撮ったうちの数枚をご紹介。

b0035714_2120854.jpg


いきなり観ちゃいました!陸羽の「茶経」。
世界で初めて茶葉について記された書物です。

b0035714_21254630.jpg

敷地内にある陸羽像。茶樹とお花に囲まれてご満悦(^^)
陸羽は元は孤児で、龍蓋寺というお寺のお坊さんに西湖のほとりで
拾われたのだとか。

b0035714_21303987.jpg

パッケージにされていた紙。これに茶葉を包んで売買した。

b0035714_2128565.jpg

清代の宮廷茶器。意外にシンプル。

b0035714_2129938.jpg

こちらは民間用。・・・こっちの方が豪華なような・・・

[PR]
by linglong | 2004-11-25 21:36 | 旅遊

おすましで「生日快樂♪」
b0035714_1023222.jpg
きょうは、ぱぱのおかあさんのうまれたひです。
おかあさん、おたんじょうびおめでとう~!

[PR]
by linglong | 2004-11-25 10:25 |


英国生まれ、東京育ち。前世は台湾人(?)。十数年前にチャイニーズポップスにハマり、台北に留学。その後、米・シアトル~NYCへ渡りエンタ関係のビジネスを学ぶ。現在、0歳児育て満喫中。
カテゴリ
自我介紹
台湾茶・中國茶

台湾
照片
亞洲音樂/王力宏
日常生活
自言自語
電影・娯樂
旅遊
回憶
語言
moblog
其他
最新のトラックバック
活力鍋の会!?
from 逍遥自在的日記
「夢バトン」
from ++猫な日々++
やっと来た着た!白くまくん
from ナッツの今日のこと・いつかのこと
いま、パンダが熱い!
from インサイト ブログ
H͂ق@@:*:(P[P..
from iPINuOjPATATIP..
QR+リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧