人気ブログランキング |


なんちゃって珍珠奶茶
香港では、期待していたほど我が愛しの「珍珠奶茶(ぢぇんじゅぅないちゃぁ/ブラックパールタピオカ・ミルクティー)」に出逢えなかったので自作することにしました。
今回は紅茶でミルクティーを作るのではなく、ジャスミン茶で試してみます~。
なんちゃってなので、タピオカは白玉粉で代用します(なので実際はタピオカではありません。おほ)。



◆ 用意するもの ◆
 
 ・ 珍珠(タピオカ)用
   白玉粉 --- 40gくらい
   お湯(熱湯でなくても) --- 少量
   黒砂糖 --- 適宜

 ・ ジャスミン茶の茶葉 --- 7g (うちのショップのおためしサイズ)
 ・ お湯
 ・ 甘味料(ガムシロップや蜂蜜など)
 ・ コーヒー用のミルク、または牛乳

 ・ その他 ティーサーバー、おなべ、ボウルなどの調理器具

◆ 作り方 ◆

 1. ジャスミン茶を濃い目に作って、あら熱を取ったあと冷蔵庫で冷やしておく。
   今回は、いつもの約2倍量の茶葉を、同じく2倍くらいの時間で抽出しました。
   苦味や渋み、冷やした後の濁りなどは、後で甘味料やミルクを入れるため、気にしなくて大丈夫です。

 2. 黒砂糖を細かくして、お湯で「かなりあまーい」と思うくらいに溶かす(個人差ありなので適宜量で)。

 3. ボウルに入れた白玉粉を同じく細かく砕いて、そこに少量ずつ黒砂糖水を入れて混ぜる。
 
 4. 調節しながら黒砂糖水を加え、耳たぶくらいの硬さになったら良くこねてまとめる。

 5. おなべにお湯を沸かし沸騰したら、そのタネを1cmくらいの大きさに丸めながら、普通の白玉だんごを作る容量でゆでる。

 6. 浮き上がってきたら、なんちゃって珍珠のできあがり。
   ボウルに入れた氷水にとって冷やしておく。

 7. グラスになんちゃって珍珠を水を切って入れ、【冷やしたジャスミン茶にコーヒー用ミルクと
   ガムシロップ、蜂蜜を適宜量加えたミルクティー】を注ぐ。

 8. 専用の太いストローがあれば、それでなんちゃって珍珠をぐぐぐっと吸いながらいただく。
   なければ、柄の長いスプーンですくいながらとか(^^)
b0035714_21495049.jpg
本物のQQ感(キュウキュウした噛み応え)はないものの、もちっとしていて甘くておいしい♪
b0035714_215002.jpg


・・・こう書いてみると、なんて適当な作り方なんでしょう。
しかも1杯目は(ちゃんと上記の通り)ミルクティーにしたのですが、サッカーを観たり、メールの返信をしたりしているうちに、全部飲んでしまいました(アホウです)。

ですので、写真は2杯目のストレートティー(蜂蜜のみ加えました)版。
台湾では、よく珍珠緑茶(タピオカが入っている緑茶)というのを飲むのですが、そんな感じであっさりしています。
ジャスミンの香りが夏にぴったり♪と自画自賛。。。とほほ。
なんちゃって珍珠@白玉が大きいのは、一応、夫用にストローで吸い上げられるサイズのものを取っておいているからです。
早くゆでなきゃ、となんだか焦って丸めたら巨大なものが出来てしまい、ストローに突き刺さってしまいました。

もし作られる方がいらっしゃいましたら、ゆでる時は二人体制(以上)で臨まれることをおすすめいたします~。


台湾ではアイスなら緑茶や烏龍茶にもお砂糖を入れるのが普通で(最近は無糖も増えてきましたが<日本の影響でしょうかねー)、巧克力奶茶(チョコレートミルクティー)とか訳のわからないものもあります。
(そんな台湾のパイオニア精神溢れるところが大好きなのですが・・・。)
皆さまもぜひジャスミンミルクティーのみならず、いろんな配合?をお試しください(^^)♪
by linglong | 2005-08-17 22:04 | 台湾茶・中國茶
<< ろんこmeetsスクラップブッ... ろんこはえらい >>


英国生まれ、東京育ち。前世は台湾人(?)。十数年前にチャイニーズポップスにハマり、台北に留学。その後、米・シアトル~NYCへ渡りエンタ関係のビジネスを学ぶ。現在、0歳児育て満喫中。
カテゴリ
最新のトラックバック
活力鍋の会!?
from 逍遥自在的日記
「夢バトン」
from ++猫な日々++
やっと来た着た!白くまくん
from ナッツの今日のこと・いつかのこと
いま、パンダが熱い!
from インサイト ブログ
H͂ق@@:*:(P[P..
from iPINuOjPATATIP..
QR+リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧